まままままま.com

ママ視点で見る子育て、節約、副業、書きたいこと、色々です

iPhoneでSIMフリーにして月額¥2,000!ぶっちゃけな使い心地と使い方(3)

      2015/05/14

格安SIMでiPhone5を月額2,000円で使ってる使い心地と使い方のお話。

こちらの記事の続き、第三回、最終回となります!

 

データ通信料に応じて、価格が節約できる!

さて、実際どうやってこの金額に抑えているかなのですが、実は契約するデータ通信量でかなり変わってきます。

格安SIMのページを見ていると、1GBは○○円、2GBは○○円と、データ通信料に比例して価格が変わっていますよね。

例えばb-mobileのスマホ電話SIMフリーDataだと

575424b1259d84c9b00ff432bb60e21b

こんな感じ。

 

DMM mobileだと

5a3c7abb3648afd69cde1263e4ee5563

出典:DMM mobile

こんな感じ。
通信量によって全然料金が違いますね。

月額のデータ通信料に応じて契約することで、料金が安くなったり高くなったりするのです。

ここが節約の鍵となります。

ちょっと調べてみたのですが、auだとデータ定額が2GBの3,500円~、ドコモのデータ定額も同様ソフトバンクも同様です。

このあたりどこも差がないですが、ここから継続利用による割引や、家族でデータを分け合うサービスによって差別化を図っているようですね。さらにデータ通信で使用しなかった分を翌月に繰り越すプランもありました。

じゃあ三大キャリア契約によるメリットもあるじゃない?と思いますが、継続利用による割引はb-mobileでも行っていますし、そもそも家族でデータを分け合うプランと、翌月繰り越しプランは5GBや10GBからの大口契約。

ソフトバンクは10GBのデータ通信部分の契約だけで9,500円(キャンペーン利用で8,000円)、ドコモも同じぐらいですが、シェア先に1台あたり500円かかるようで、データを分け合うために家族4人で2,000円払う計算になっちゃいます。

一見お得そうに見えても、色々月額が底上げされてしまうカラクリがあるんですね。

ドコモは5GB/5,000円のひとりで繰り越せるプランもありますが、格安SIMなら5GBなんて1,270円(DMMmobile)からありますからね。

さらに三大キャリアはここにオプション料金や高額な基本料金、端末代金が乗ってきます。

格安SIMのほうもそれらは乗ってきますが、三大キャリアのあらゆる割引を使ったとしても、はるかに安くなります。

契約会社 データ通信料 音声基本料金 合計+備考
b-mobile 340円/2GB
※1年継続の1GB+1GB料金
1,560円 1,900円(税別)
+音声通話分(20円/30秒)
DMM mobile
 770円/2GB  (700円)
※通話SIMプランより引いた額
 1,470円(税別)
+音声通話分(20円/30秒)
ドコモ  3,500円/2GB  2,700円
※2年継続・音声通話かけ放題
6,200円(税別)
+SPモード300円
 au  3,500円/2GB  2,700円
※2年継続・音声通話かけ放題
 6,200円(税別)
+LTE NET300円
 softbank  3,500円/2GB  ※2年継続・音声通話かけ放題 6,200円(税別)
+ S!ベーシックパック300円

こうやってみると、割と三大キャリアってどこと契約しても値段が変わらないものですね……。

というか、DMMmobile安すぎです。b-mobileがいちばん安いと思っていたのに。

ただし、何度も言っていますが通話のかけ放題が基本でついてくるのが三大キャリアの強みですね。

この表だと、データ通信料に加え、4,000円分以上電話する人(目安として月に100分以上電話する人はそのままキャリアをお使いになったほうが良いということになりますね。計算あってるかな……

スポンサーリンク

自分のデータ通信料を把握することが節約の秘訣!

さて、格安SIMはデータ通信料で月額が決まるということがわかりました。

じゃあ「契約するにあたって、自分は何GBのプランがいいんだろう?」と考えますよね。

契約する通信料が多すぎると料金の無駄ですし、逆に少なすぎるとそれを越えた時点で通信速度に制限がかかって大変なことになりますから、正確な把握が必要です。

みなさんは、自分が毎月どれぐらいデータ通信をしているかご存知ですか?

三大キャリアご利用のみなさんは、こんなかんじで調べることができます。


これらで通信量を調べると、自分が何GBのプランを契約するか検討することができます。

数ヶ月分見てみて、「自分は何GBだな!」と把握できたら、そのプランで格安SIMを契約すればいいのです。
心配だなあという人は、1年継続などを使わずに数ヶ月分使ってみて、翌月切り替え、なんていう柔軟な使い方もできます。

私も最初は3GBで契約していたのですが、毎月まるまる2GB残っていたので、今は2GBで落ち着いています。

最近アプリも使わなくなったので、毎月500MBも使っていません。1GBでいいんじゃないかとも思い始めています。

 

 

今更だけど、契約のためにお店に行かなくてもいい

すごく大きなメリットを忘れていたのですが、格安SIMを購入するときってお店に行かなくてもいいんですよ。

三大キャリアで契約したときのことを思い出して下さい。何時間かかりました?

待ち時間に加え、本契約の時間。大変な時間がかかりませんでしたか?

その点、格安SIMは自宅にいながら、インターネットを使って全ての契約が完了します。

わざわざお店に出向かず、空いている時間に契約をし、SIMカードを購入し、届いたSIMカードをスマホに差し込むだけです。

格安SIMにしたので、当時契約していたキャリアのスマホを解約するため某キャリアショップに向かったところ、1時間かかったことを思い出すと笑っちゃうくらい簡単です。

タイムイズマネー!

もちろん、格安SIMなら解約も家でできますからね!
あとはSIMカードを郵送で返却するだけです。誰にも会わなくていいんです。

 

サポート体制はどうなのか?

先日、こんな記事を見ました。

第2位の、「サポート体制が不安」という考え、確かにそうですよね。

第1位の「詳細がわからない」状態で、この格安価格では「安かろう悪かろう」なのではないかと不安になるお気持ちもごもっともです。

これは私のb-mobileでの体験談なのですが、いちばん始めに格安SIMを購入した際、あんまりにもあっさり繋がって、「これで合っているのか?」と不安になりサポートデスクに問い合わせたのです。

たしか、「これでちゃんと繋がってるんですか?変なところに繋がって料金がめちゃくちゃかかったりしませんか?」とかそういう内容だった気がします。

ダイヤルアップ時代からインターネットを使っているので、そういう不安があったのです。わかる人にはわかると思うのですが(笑)

メールでの問い合わせでしたが、大変丁寧で、こちらの疑問に全て回答いただいて不安が解消されました。

他社についてはよくわからないのですが、少なくともb-mobileさんのような会社もある、ということです。
最近は色んな会社が参入していますので、サポートが微妙なところもあるかもしれません。

でも、これだけ価格で競争が進んでいて、底を打っているような状態でしたら、もう差別化を図るとしたらサポート体制しかないと思います。

 

「分からない」で節約しないのはもったいない!

先程のアンケート結果で、第1位に輝いたのが「詳細が分からない」

確かに仰る通りです!

意味はわかりませんよね。

何でこんなに安くなるのか。
あれだけ三大キャリアで有名どころがあるのに、よくわからない無名のところで契約するなんて。
まわりに使っている人もいないし……。

こういう不安、わかります。

私も、まわりに格安SIMを使っている人がいません。

ドコモでもないauでもないソフトバンクでもないというと、「なにそれ?」と言われることが多いです。

ただ私は意味不明なまま契約しましたが、なんとかなるものです。
むしろ2年使っていて、こんなに格安SIMのことを調べたのは今回が初めてです。(それで、格安SIMの会社がたくさん出ていて、価格競争が始まっていることにびっくりしたんですが)

何も難しいことはないです。

お持ちの端末に適合したSIMカードを購入すること。

自分の使い方にあった料金プランを契約すること。

届いたSIMカードをスマホにさすこと。(場合によっては設定)

やることはこれだけです。

MNPにこだわらないのであれば、今のスマホは契約したまま、中古のスマホとか昔持っていたスマホを引っ張り出してきて、試しに1台契約してみるのもありです。とにかく安い1GBのプランからとか。

こういった柔軟な対応が可能なのが格安SIMの魅力でもありますから、色々渡り歩いて自分にあった会社を見つけるのも手だと思いますよ。

 

使い方=適正価格ですか?

3回に渡って使い心地と使い方をお届けしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

ケータイからスマホに時代が変わり、跳ね上がった料金に驚いて、まだ当時はマイナーだった格安SIMに手を出して2年。

当時、端末台抜きで月7,500円だったスマホ代が、格安SIMにしたことで毎月2,000円になりました。

丸2年で、132,000円の節約となります。1年で6万円以上も!

もちろん、通話やデータ通信料により差は激しくなりますから、私ほど安くなる人ばかりではないことは書き添えておきます。

しかし格安SIMは、ただ安いだけではなく、使い方に応じた適正な金額でスマホを使えるということがメリットだと思います。

三大キャリアを否定するわけではありません。手厚いサポート、保証、安定した通信、通話のかけ放題、オプションなど、月額7,500円が適正価格なのでしょう。

しかし私の「通話ほぼなし、データもそんなに使わない、サポートも保証もいらない、よくわからないオプションも必要ない」という使い方では、月額7,500円でなく、月額2,000円が適正だったというだけです。

あなたのスマホ代は、適正価格ですか?

「あんまり使ってないのに、スマホ代こんなに高いなんて……」

そんな方は、ぜひ格安SIM、SIMフリースマホを検討してみてください。家計に大きく響くスマホ代という固定費削減、一緒に頑張りましょう!
なにかわからないことがあれば、できる範囲で調べてみますのでぜひコメントをいただければと思います。



スポンサーリンク

スポンサードリンク

いつも読んで下さってありがとうございます!(*^_^*) いいね!してくださるととても嬉しいです!

 - 格安スマホ・SIMフリー , , ,

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)