まままままま.com

ママ視点で見る子育て、節約、副業、書きたいこと、色々です

らくらくスマートフォンをSIMフリーにして使うと…?費用と手続きをシミュレーション

      2016/10/06

スマホなんかわかりません!ガラケーでいいのに!

そう言い続けていた母ですが、ガラケーへの思いも虚しく、2017年にガラケーの生産が終了することが決まりました。

スマホはケータイに比べて、操作方法がわかりづらい。
ボタンはないし、指で操作するのも、文字を入力するのも、アイコンが多すぎるのも、60歳の母にとって複雑すぎます。

ケータイとスマホは端末としては種類が違いますから、それを理解することから始めなければなりません。

PHS、ケータイときて、20年近くの歳月をかけて60歳の母はようやくメールを扱えて、写真も添付できるようになったのです。

それがいきなりスマホになったら、操作で戸惑うのも無理はありませんよね。

スマホが難しい!という母のような層のために、操作が簡単なスマホがあります。
ドコモから発売されているらくらくスマートフォンです。

引用: らくらくスマートフォン3(F-06F) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

2015年春現在、現在いちばん新しい機種は、らくらくスマートフォン3のF-06F。

ケータイのらくらくホンのスマホ版です。

使いやすい、わかりやすい携帯ということで、中高年を中心に大ヒットしました。
大きなメニュー画面とシンプルな表示で、使いやすいと評判のようです。

母「私も初めてスマホを使うなら、らくらくスマートフォンがいいんだけど、料金が高そうでねえ……」

確かに計算してみると、らくらくスマートフォンを新規契約・端末代金を24回の分割払いにすると、当初2年が毎月6,885円、端末代の支払いが終わったあとは、5,400円となるようです。
通話はかけ放題で、携帯電話でも固定電話でも追加料金はかからない)

df3b388e80e1fe046a87dd52763f963f引用:スマートフォン・タブレット「お支払いシミュレーション」 | 料金・割引 | NTTドコモ

母「高いわ……」

確かに。
ガラケーで夫婦ふたり、3,000円を切っているそうですので、倍以上になったら余計に高くも感じますよね……。(ガラケーってそんなに安かったっけ……)

母「でもらくらくホンが使いたいの!使い方がわかりやすいのにしないと、どのスマホにしても宝の持ち腐れだもの」

そんなわがままな母のために、私はひとつ考えてみました。

らくらくスマートフォンを買って、格安SIMにすればいいのかなあ?

考えるだけじゃわからない。とりあえず、計算と、やり方を調べてみることにしました。

スポンサーリンク

 

らくらくスマートフォンは、F-12Dを手に入れる

引用: らくらくスマートフォン(F-12D) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

なぜF-12Dなのかというと、格安SIM各社で動作確認しているらくらくスマートフォンがほぼこの機種のみだったんです。

格安SIMを買ったとしても、動かなければ意味がないですから。

 

中古のらくらくスマートフォンを買う

らくらくスマートフォンF-12Dの中古は、エコモバイルで購入することができます。

↓の画像からリンクで飛んで、右上の検索バーにF-12Dと打ち込むと、らくらくホンが出てきます

中古のスマホはAmazonなどでも買うことができますが、評価がよくないお店が多いようなので、やはり動作不良保証のあるエコモバイルでの購入をおすすめします。

キズの状態などを確認して購入しましょう。

もちろん、お近くに中古携帯のお店があれば、店頭で直接買ってもOKです。手にとって確認できるので、そのほうがいいかもしれないです。

ドコモで新品のF-12Dを契約して、すぐ解約するのは?

端末代の一括支払い・2年継続による割引なしで1か月だけ契約して、という方法もやろうと思えばやれると思います。
F-12Dの場合は7万程度はかかると試算しましたが、厳密にはショップに尋ねて下さい。(うまく使えなかったら、すぐ解約したくなったらどうしたらいいですか?みたいに尋ねるなどして、解約までにかかる料金を上手に聞き出して下さいね)

 

今回は中古美品を8,980円で買ったとして、費用を計算します。

ここまでかかった費用……8,980円

 

SIMロック解除はする必要なし

同じドコモ系のSIMカードを買うので、SIMロック解除を店頭に行って行う必要はありません。

ここまでかかった費用……8,980円

 

MNPの用意をする

現在契約しているキャリアの会社で、MNPの手続きをしましょう。
ドコモなど、どの会社でもMNP転出手数料などの名目で2,000円の費用が必要になります。

ここまでかかった費用……10,980円

 

SIMカードを購入する

今回は、業界最安値のDMM mobileで契約をしようと思います。

0d1daa5fc3535d4713cc770d306d07d3引用:SIMカード 動作確認端末一覧 – DMM mobile

F-12Dもしっかり動作確認端末に入っています。
適合するSIMカードのサイズはマイクロSIMですね。

新規申込時の料金はこのようになります。

565a1caa4e2a704e62fb5eaaa2ba50b3引用:新規申し込み - DMM mobile

DMM mobileに支払う代金は、合計で4,260円となります。

ここまでかかった費用……15,240円

 

晴れてらくらくスマートフォンが使えるように!

お手元にSIMカードが届いたら、ネットワーク設定を行えば、晴れてらくらくスマートフォンが使えるようになりました。

DMM mobileのシングルコース通話SIM・1GBプランなら月額1,260円(通話代別)でらくらくスマートフォンを使うことができます。

はじめてスマートフォンを使うんだ、という方には導入としては最適ではないでしょうか。
年齢を重ねた両親と、LINEなんてできちゃうかもしれないですね。

 

かかった費用の総額は?

ドコモのらくらくスマートフォンを格安SIMで使ったら、総額でいくらかかるのか?

ここまでかかった費用は、15,240円(1か月目料金含む)です。

また、中古ショップに端末を購入になどいかなければ、すべてネットで契約が完了します。

2年制限もありませんし、解約時の違約金もありません。

ただし、電話をいっぱいする方の場合は、月額代金が高いとしてもドコモで契約したほうが話し放題ですのでお得になりますよ。
また、ドコモはサポートもしっかりしていますし、スマホの使い方で困ったらお店の人に相談できますから。

格安SIMにすると、すべての疑問に答えるのはお子さんであるあなたの役目になるでしょう。

両親の使い方をしっかりと聞き出して、最適な契約を考えてあげてくださいね。

ご参考になれば幸いです。
お読みいただいてありがとうございました。
※計算は全て白川がHP調べで行ったものです。実際と異なる場合がございますので、ご了承下さい。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

いつも読んで下さってありがとうございます!(*^_^*) いいね!してくださるととても嬉しいです!

 - 格安スマホ・SIMフリー , , , , , ,

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)