まままままま.com

ママ視点で見る子育て、節約、副業、書きたいこと、色々です

ドコモのガラホが登場!2015年夏モデルでARROWSとAQUOSがやってくれた!けど……!

      2015/05/18

ガラホってご存知ですか?

従来のボタン操作のガラケーに、スマホと同じ機能を搭載したガラケー+スマホの端末のことです。
ガラケーに馴染みが深く、スマホなんて難しくて使えない!という人にも人気の機種でした。
これまでは、auのみがガラホ「AQUOS K SHF31」を取り扱っていました。

しかしながらこのガラホ、見た目がガラケーなだけで料金はスマホなんです。

ガラケーユーザーにとってネックなのは、スマホ代金の高い高い月額料金。

これまで、ガラホなんて名前は期待させておいて料金はがっかりでした。

スポンサーリンク

 

でも、ドコモのガラホは本当にガラホだった!

キャリアのなかで利益が3位に転落してしまったドコモ。

でも、そのドコモが巻き返しをはかるぞ!とでもいうかのように発表された、2015年夏モデルのスマホ。

その2015年夏モデル新機種の中に、これまでauでしか発売のなかったガラホが登場したのです!

 

726a7e1d90ca72e3c5821b51e32ea50a (1)
ARROWSケータイF05-G

引用: 2015夏モデルの主な特長 | NTTドコモ

 

26488827dd1d8f40efc5b34c1db1db79
AQUOSケータイSH-06G

引用: 2015夏モデルの主な特長 | NTTドコモ

もちろん、auと同じようなガラホでありません。

ドコモのガラホは、スマホ料金ではなく、従来のガラケー料金が適用されるんですよ!

なお、KDDIが2月に発売したガラホである「AQUOS K SHF31」は、スマートフォンの料金を適用していたため、従来のフィーチャーフォン利用者からすると「割高になるのではないか」と一部で批判を浴びていたが、ドコモではガラホにもフィーチャーフォンの料金を適用するとしている。

情報源: ドコモ、2015年夏モデル10機種を発表–ついに“ガラホ”を投入へ – CNET Japan

これなら、ドコモのバリュープランの適応対象になります。

バリューコースの対応機種の中に、ARROWSケータイF05-G、AQUOSケータイSH-06Gの名前がありました。

4c6e543022c1d2d9b9a2fb30b29404aa
引用: バリュープラン | 料金・割引 | NTTドコモ

いちばん安いタイプSSバリューだったら、基本使用料のひとりでも割で月額934円に、無料通信分が1,000円分もついちゃいます!(電話にも使えます)

ただし、ここに端末代と、無料通信分を使い切ったあとの音声通話・通信代が加算されるのはお忘れなく。

 

ドコモのガラホ、スマホとしてのメリット・デメリット

スマートフォンの機能が備わったケータイですので、スマートフォン用のサイトが閲覧できるようになります。
さらに、今やなくてはならないLINEも使うことができるのです。

ただし、フィーチャーフォン(ガラケー)と同じバリュープランで、通信料がどれだけかかるのかがいまいちよくわかりません。

ガラホでLINEを使うと、どれぐらい通信料がかかるんでしょうか?

バリュープランで月額料金を安くしても、通信料がアップしたら大変なことになりますからね。
スマホ用のサイトやホームページ閲覧、LINEの使用は上限設定をしておかないとどこまでも加算されてしまうでしょう。

そんなユーザーのために、ドコモにはパケ・ホーダイシンプルというプランがあり、使った量だけデータ通信料が加算されます。
どんなに使っても、上限は5,700円です。

バリュープランの基本料金(743円)+iモード300円で、月額1,043円。

パケ・ホーダイシンプル合わせると、6,743円

ここに、端末代が重なってくると……あれ、大して安くありませんね?
端末代が3万円程度なら、24回払いで1,500円程度の支払いですけど、それでも毎月8,000円を越えますから。これが6,7万ぐらいになると、推して知るべし。

つまり、ドコモのガラホは毎月めいっぱいデータ通信を使う人には、スマホと変わらない金額になりそうですね。

それぐらい使う人はもうスマホに移動しているはずなので、今のガラケーがもう壊れたけど、純粋なスマホはまだまだ手が出ない……という人が、スマホの世界に足を踏み入れる入門編の機種となりそうです。

 

やっぱり、ガラケーを安く使う方法はないのか!?→ワイモバイルだ!

ガラケーは2017年に生産が終了してしまいます。

でも、ガラケーが作られているうちにはまだガラケーが使いたい……!

そんな人には、格安スマホのワイモバイルのケータイプランがおすすめです。

例えば端末代47,412円のCRESTIAならば、一括支払いをしてしまえば月額は2,103円で済むのです。
(ただし36か月間、1,008円の割引適用時。割引終了後は1,008円が加算



しかも、誰とでも、どこへかけても通話代金は0円。パケット代も定額で使い放題です。

※分割払いの場合は36回払いで毎月3,420円。端末代支払い終了後(36か月経過後)は、計算上は2,937円?です。

ガラホに比べたらワイモバイルのケータイプランのお得感、際立っていませんか?

今お持ちのガラケーがもう交換時期!というかた。
まだガラケーは存在しています。2017年まではガラホではなく、ガラケーを使い倒したほうが良いかもしれません。

格安スマホのワイモバイルも含めて、ご検討下さいね。
私はケータイプランではないですが、simフリーのiPhoneで月額2,000円でスマホを維持しています。(通話代は別です)

※こちらのページの月額料金は全てHPを参考に計算したものです。正しい料金については、各社にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

いつも読んで下さってありがとうございます!(*^_^*) いいね!してくださるととても嬉しいです!

 - 格安スマホ・SIMフリー , , , ,

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)